2005年、「伝統の持つ奥深さと現代ファッションの融合」をキーワードに、デザイナー Shinsaku、Kae によって立ち上げられた。

日本の文化になりつつあるステンドグラスをもっと身近でファッション性の高い存在にしたい、という思いからプロダクト制作を重ね、2007年 Disney×SLaK コラボレーションではネックレスの制作を手がける。

ステンドグラスの特性を生かし、その時の感性と自由な発想で生み出されるプロダクトは独創性に富み、多方面から多くの支持を集めている。

現在はアクセサリーの他、鏡、ランプ、パネルなどオーダーによる制作を中心に活動。Kae は SLaK アクセサリーデザイナーとしての活動の他、2012年、アクセサリーブランド『MARBLEFAB』の立ち上げにも参加。

制作、生産のサポートも行っている。